FANDOM


ここでは記事の編集の際に便利なテクニック、覚えておくと良いテクニックを載せる。

これだけは!知っていたい必須テクニック 編集

クラシックエデュタにおいて、改行を行うにはEnterキーの二度押しが必要であった。一度しか押していない場合、プレビュー時には改行されない。また、そのような改行では

このように奇妙な空白が出来てしまう。

一方、とある技を用いればこの空白を持たせず改行を行うことが出来る。「<br>」を使うのである。
これを用いれば
のように美しく改行が出来るのだ!

本家Wikipediaを見て欲しい。最初の説明において、ページ名であり、説明されるものが太字になっていないだろうか。

wikiでこれを行うには、「'''なんとか'''」と入力すれば、なんとかと出る。

同様に、イタリック体(斜め文字)は、「''なんとか''」でなんとかとだせる。
あまり需要は無いが、「'''''なんとか'''''」はなんとかとなる。
なお、「'」の記号はshift+7で出せる。念のため。

行頭で記号*の後に文章を入れると、

のように箇条書きが出来る。
また、行頭で記号#の後に文章を入れ、同じものをいくつか重ねると、

  1. どっすんすん
  2. ドッスンスン
  3. ドッスン

のように番号付き箇条書きも可能。##を用いれば、

  1. どっすんすん
    1. ドッスンスン
    2. ドッスン
      1. どっすんすん棒
  2. どすいすいX

の様にも出来る。 最後に、行頭で:を用いると、

どっすんすん

のように一定量の空白を置ける。これも::のように重ねると、

どっすんすん

のように空白が大きくなる。

一つのテーマに沿ったものを集める部屋のようなもの。追加するには、ページの一番下のところにあるカテゴリを追加ボタンを押して、カテゴリ名を入力し、Enterキーを押した後に保存を押せば良い。

カテゴリ:どっすんすんWikiには全てのカテゴリが網羅されているので、一度確認しておいて欲しい。
なお、カテゴリページへのリンクは、[[:カテゴリ:カテゴリ名]]のように入れなければならない。さもないとそのページにそのカテゴリが追加されてしまう。

カテゴリの作成は誰でも可能であるが、新たなカテゴリを作る際には、カテゴリページを作ることを求める。カテゴリページが作られていない状態では、カテゴリが機能しないからだ。
カテゴリページは軽く紹介をする程度でいい。場合によっては、{{カテゴリ|カテゴリ名}}との入力で、「このカテゴリはカテゴリ名に関するカテゴリです。 」と出るため、面倒な入力を省くことが出来る。

[URL リンク名]と入れれば良い。
例えば[http://ja.wikia.com/ ウィキア]と入れればウィキアのように表示され、クリックすればリンク先にジャンプする。

分かり難いが、URLと表示名の間には半角スペースがあり、また「[」、「]」は一つずつしか付けない。通常のリンクと混同しないよう注意。

少し上級?知って得する上級テクニック 編集

テンプレートは呼び出すことで決まった内容を表示するものである。例えばテンプレート{{無関係}}と入力すれば、

※この記事はどっすんすん無関係です※
編集してよりどっすんすんとの関係をより加えたり、
削除するべき内容ならどっすんすんWiki:削除の方針を読んだ上で削除候補テンプレートを貼ってください。

と出る。

テンプレートは基本的に{{}}で囲まれ、テンプレート名を入力すればそれが表示される。
その一つについて説明する。

  • 例:テンプレート:Q
{{Q|なんとか|かんとか|どっすんすん}}と入力することで、
「なんとか」
どっすんすん について、かんとか
と表示される。例えば、{{Q|第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからない。だが、第四次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器は石とこん棒だろう|アインシュタイン|第四次世界大戦}}と入れれば
「第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからない。だが、第四次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器は石とこん棒だろう」
第四次世界大戦 について、アインシュタイン
と出る。

[[どっすんすん|なんとか]]と入力すれば、なんとかのようになんとかというリンク名のくせにどっすんすんにリンクするリンクが出来上がる。
応用としては、セクションごとのリンクで、[[コース(スーパーマリオメーカー)#いいねが貰えるコース|いいねが貰えるコース]]のように、単純に見せるとコース(スーパーマリオメーカー)#いいねが貰えるコースの様に#が汚く見えてしまうところが、これを使えばいいねが貰えるコースのように綺麗に出る。

なお、()内の文字が邪魔となる場合は[[コース(スーパーマリオメーカー)|]]<nowiki>のみで、[[コース(スーパーマリオメーカー)|]]と出せる。

サンドボックスも良いが、ユーザー:誰々/なんとかというタイトルで記事を作れば迷惑をかけずに練習が出来る。

行頭で半角の空白を入れると、

どっすんすんは偉大なり!

のように囲まれる。
用途は知らない。

同様に<pre></pre>(私は勝手にプリプリコードと呼んでいる)

<!--あいうえお-->のように入力すると、クラシックエデュタを用いて編集したときにだけ見ることの出来る文章が作れる。 このページをクラシックエデュタで編集すると2の20乗の値が見れる。誰得とか言うな。

論より証拠、ここにマリオメーカーというリンクが有る。このリンクは[[スーパーマリオメーカー|ばマリオメーカー]]となっていると捉えることも出来るが、このマリオメーカーという省略方法はよく使うためいちいちこれを書くのは面倒である。
そこで、マリオメーカーというページに#転送[スーパーマリオメーカー]と入力すると、マリオメーカーにリンクした際に必ず勝手にスーパーマリオメーカーに飛ばされるのだ。ありがたや。

<ref></ref>と<references/>を用いて、脚注を書く事が出来る。
脚注を付けるとこの[1]ように表示され、そのあとに<references/>をおく事で使えるようになる。

  1. はろおおおお

右のがInfobox。

{{Newinfobox|あ|い|う|え|お|か|き|く|け|こ|hello|goodbye
|title1=タイトル例
|image1=[[ファイル:どっすんすん仙人オーラ付き.png|thumb]]
|caption1=どっすんすん仙人画像
|row1=んなこといいな
|row2=Example
|row3=Example
|row4=Example
|row5=Example
|row6=ゆいかゆい
|row7=Example
|row8=Example
|row9=Example
|row10=Example
}}

と入力すると、 →のように出る。

ユーモラス!これで君もアンサイクロペディアン!? 編集

<del>なんとか</del>との入力で、なんとかと出る。
用途に関してはいくらでも考えられるはずだ。

なお<s></s>で囲んでも良い。この場合このようにでる。

{{Color|<色コード>|なんとか}}と入力することで、例えばなんとか のように、文字の色を変えることが出来る。色コード#FFFFFFは白なので、これを使えば見えない文字も書ける。

{{Size|なんとか|200}}の入力で、なんとかと出る。
200の部分の数字を変えれば文字の大きさが変わる。

逆にに50等の小さい値を入力することで、小さい文字も出せる。このように。

  • 上下反転

「<p style="{{transform|rotate(180deg)}}">まあ上から読んでも下から読んでも「SXOZNIHINZOXS」だけどねw</p>」と入力すれば、

まあ上から読んでも下から読んでも「HINZOXS」だけどねw

と出せる。
  • 左右反転
「<p style="{{transform|rotateY(180deg)}}">まあ右から読んでも左から読んでも「器木器」だけどねw</p>」と入力すれば、

まあ右から読んでも左から読んでも「器木器」だけどねw

とでる。

使い方?知るか

「{{ルビ|俺|かみ}}」と入力すれば、かみと出る。そう、私は神なのさ。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki