FANDOM


ど連における自動車は、どっすんすんが移動手段として用いる機械である。

歴史編集

3万年ほど前にとある自治体の住民が自動車を産み出したのが始まりだった。それを見た隣の自治体、隣の隣の自治体が真似をした。これが現在のど連の自動車メーカーの始まりである。

  • ドスタ…(度巣田)一番最初に自動車を作り出した自治体の住民が創業者の最も伝統ある自動車メーカーである。得意とする車種はセダン。モットーは「手足がなくても運転を」。
  • ドッサン(独産)…隣の自治体の住民が創業者。歴史はドスタの次に古い。得意とする車種はスポーツカー。人間界の「ル・マン24時間耐久レース」に殴り込み参戦し、優勝をかっさらった伝説がある。モットーは「速さとはスピードである」。そのまんまである。
  • ドスビシ(度巣菱)…隣の隣の自治体が創業者である。得意とする車種はミニバン。他にも、タイヤやエンジンなどパーツの開発も行っており、ドスビシ印のパーツは走り屋に好まれる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki