FANDOM


どっすんすんに関し死とは、その生命活動が停止することを指す。

概要 編集

土教において生命はどっすんすん神に与えられた物とされる。
与えられた物であるから生命とはどっすんすん自身の所有物であり、その生命をどうしようと個々のどっすんすんの考え次第である、と土教では教えられる。即ちどっすんすんは好きなだけ生き、好きなときに死ぬことが出来る。

自己選択的な死 編集

多くのどっすんすんに取って死とは自らの最終的な行き場である。つまり、どっすんすん達がそれぞれの生涯の目的を達成し、その生涯を全うしたと判断した時、彼らは神に死を願う。その願いに応じ神は彼らの生命を再びその手中におさめるのである。

強制的な死 編集

土消体心病などの病気により命を失うどっすんすんもある。土教においてはそういったどっすんすんは死後どっすんすん神と面会し、その望みを叶えてもらえるとされる。

不可死刑 編集

神に背く等の重罪を犯したどっすんすんは暗黒領域に送られ、神にその死を認められず永久に生の苦しみを味わうことになる。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki