FANDOM


アンテナ
この記事は書きかけです。編集することによってこの記事をもっと良くする事ができます。ぜひ、やってみてください。

土則山法度(読み:どそくさんはっと)とは、どっすんすん全土統一連邦における憲法的存在である。また、それを記した書物を指すこともある。

概要 編集

日本で言うところの「憲法」である。大本は土教の教義とされる土教戒録の統治者の心得から取られており、一部を変更、追加したものが土則山法度となった。

どっすんすんキングのあるべき姿、統治する者の義務、民に与えられた権利を記し、全31079条存在する。いつしかこの条例をいくつ覚えていられるかという遊びも生まれ、現在のどねす記録はどっすんすんキングを除き6780条まで連続で覚えられている。

条文 編集

アンテナ
この記事は書きかけです。編集することによってこの記事をもっと良くする事ができます。ぜひ、やってみてください。

条文は全てど連公用語であるどっすんすん語で書かれている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki