FANDOM


ゲームボーイ

任天堂に関する記事

この記事はスーパーマリオシリーズなど様々なゲームを手掛けてきた任天堂の記事となっております。どっすんすん発祥の地であるスーパーマリオメーカーを作ったのも任天堂です。正しい編集でより良くしましょう。
Yjima

任天堂は、大手のゲーム会社であり、どっすんすんの元ネタのドッスンも手掛けた企業。

ファミコン時代 編集

今までは花札屋だった任天堂が作ったファミコンが大ヒット。一躍ゲーム業界のトップへ躍り出る。 ただ、SEGAやNECなど、大手の会社も次々乱入。メガドライブ、PCエンジンなどに徐々に勢力を奪われていく。 ただ、ここで死なないのが任天堂。マリオシリーズ、ドラゴンクエスト、ゼルダの伝説などのソフトの力でトップを維持する。

スーパーファミコン時代 編集

国内ではファミコンがトップで繋いでくれたため、次世代機のスーパーファミコンは当然大ヒット。当時は「スーファミ」と呼ばれ、親しまれた。 ライバル機をバッタバッタとなぎ倒し、まさに「単独リンチ」の状況だった。 ただ、久夛良木が持ちかけてきた光ディスク対応の付属機器の開発を白紙に。 この付属機器の恨みが、後にあの有名なプレイステーションである。ただ国内では首位だったが、国外ではスーパーファミコンは2番手。SEGA開発のメガドライブに首位をとられてしまう。だんだん国内でも限界が近づいており、新たなハードNintendo64を開発する

Nintendo64時代 編集

64も次世代機のトップ候補として期待されていた。 ただし、カセット式のゲーム機だったがために、コストが低い光ディスクに移行するソフト会社に見放されてしまった。 その中には、FINAL FANTASYを作るスクウェアもいた。 FFがプレステに移行してしまったため、FF大好きな国内市場では爆死。アメリカなどでは首位となった。大乱闘スマッシュブラザーズなどの次世代につながるソフトが多く出たところは評価すべき点だ。

ゲームキューブ時代 編集

ゲームキューブはNintendo64の反省を生かし、カードリッジに光ディスクを採用し、ソフトも開発しやすいようになっている。だが時は既に遅かった。既に力のあるプレイステーションの後継機であるPS2にユーザーの関心はうつっており、ゲームキューブは見向きもされなかった。XBOXという新たな勢力も出てきたが、国内では全く話にならなかった

Wii時代 編集

Wiiは、後出し高性能で負けた今までの反省を生かし、性能にこだわらず体感型コントローラーで新たな遊びを提供した。 Wiiはゲーム人口拡大という目標もありそのため多くのパーティーゲームが発売された。友達の家などでWiiをやり自分でも買って家でもWiiなどという戦法で、国内海外ともに大ヒットを飛ばす。PS3が高すぎたため売れないのもあり、2世代ぶりの勝利となる。ただここで終わりではなくPS3の度重なる値下げ、FFの発売や性能の低さによるWiiの衰退により最終的には国内ではPS3の勝利という形となる。

WiiU時代 編集

WiiUは、ゲームパッドという新たなアイデアでTVを使わなくてもゲームという新たなスタイルを築いた。そのためここの人たちのようなTVを使わなくてもいつでもネットができるネット依存者を増やした だがそのうえ性能も強化し、一年先行販売とやる、などしたせいで値段がバカ高くなってしまった。PS4と大して値段が変わらなく、PS4の方が洋ゲーが多いので海外ではPS4と一応XBOXが争う形となりWiiUは蚊帳の外となってしまった。マリメで国内のひとだらけなのはそのせい。国内ではそれなりに売れていて、PS4やXBOXも大して売れなかったので日本でもWiiほどは売れていないが途中まで首位をキープした。ただ現在はWiiUとPS4が張り合う形となっている。Xboxは国内ではほとんど売れなかった

携帯器戦争 編集

正直、DSまではポケモンとゲームボーイで完全フルボッコ状態だったため割愛。 勢いに乗るSCEがPSを空中にひっさげPSPとして宣戦布告してきた。 PSPに若干ビビっていたが、脳トレ、お料理、英検などのDS知育ブームで圧勝気味。 PSPは出荷不足、初期不良、社長が炎上など散々な結果だった。 そして、知育ブームの新規ユーザーに誰でも遊べるマリオなどを売り込む戦略が大成功。 PS2までもボコしてしまうという最強ハードとして君臨した。 一応PSPの名誉のために言うと、晩年はモンハンのおかげでDSと対等だった。

Switch 編集

任天堂の新ハード。2017年3月に発売される予定である。全く新しいハードで据え置き型ゲーム機としても携帯ゲーム機としても使えるハードである。 

スマホゲーム 編集

MiitomoやポケモンGOやスーパーマリオランなど、様々なスマホ用 の任天堂制作ゲームがある。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki