FANDOM


※この記事はどっすんすん無関係です※
編集してよりどっすんすんとの関係をより加えたり、
削除するべき内容ならどっすんすんWiki:削除の方針を読んだ上で削除候補テンプレートを貼ってください。

Miiverseにおいてラブレターとは、違反行為をしたときに運営からユーザーに届くお知らせのことである。お手紙とも。
らぶれたー.jpg

ケイから届くラブレターのイメージ。

ラブレターが届くまで 編集

  1. 違反投稿(例:いいね交換しませんか)が見つかる。
  2. 別のユーザーによって投稿が通報される。
  3. 運営によって投稿内容が審議される。
  4. 違反と認定され次第削除され、投稿主には警告メッセージが届く。

※あまりにもひどい場合は、手順の2が飛ばされる場合がある

ちなみに審議の時間はまちまちで、速攻で消されるものから半日以上審議が続くものまである。1日以上審議が続き、結局消されなかったものもあった。

間違えやすい違反投稿 編集

ここでは、規制の厳しいMiiverseだから違反となってしまう意外な投稿の例をいくつか紹介する。

  • 他サイト情報の記載:URLはもちろん、サイト名も営利宣伝目的でアウトとなる。
  • Youtube及びその他SNSにおけるユーザー名の記載:こちらも営利宣伝目的となる。マリメ部のH元部員もこれでBAN経験がある。
  • 違反ユーザーの通報呼びかけ:通報は黙って行われるべきものであり、やりすぎは個人攻撃とみなされる。ある荒らしがいいね交換を呼びかけた際には、☆γαмατσ☆にラブレターが届いた。
  • 改造ゲームについて:「改造してみた」などと投稿するのはもちろん違反だが、話題に出すだけでもアウトである。
  • ゲームに関係ない話題:Miiverseはあくまでゲームの話をする場所であり、チャットではない。よって関係ない話しかされてない投稿も規制対象となる。M部員が立てた支部もこれが原因で削除された。
  • 個人晒し:違反者などを名前を伏せずにMiiverse内の他の所に晒した場合も規制対象となる。

たくさん届いた場合は 編集

このようにして違反投稿を繰り返すごとに、ラブレターも届いていく。一定回数届くと、BANされてしまう。ひどい場合は、一発で、BANをされてしまう場合がある。ちなみにMiiverseではユーザーに届くさまざまなお知らせは一定の件数しか表示されず古いものから消えていくが、このラブレターは古くなってもお知らせの一番下に残り続けるようになっている。このお手紙目障りなんだけdおっと誰か来たようだ((

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki