FANDOM


言葉としての「どっすんすん」は、架空の実態としての「どっすんすん」に由来しているのか? いや、架空の実態としての「どっすんすん」が言葉としての「どっすんすん」が言葉としての「どっすんすん」に由来しているのか?これはどっすんすん創始者の僕でも分からない謎である。 「けんぽー」が「かいせー」するとかみたいに、どっすんすんの意味合いについてもう一度考えるべきだと思う。意味が自由で様々とは、具体的に言うと何なのか、架空のどっすんすんとは言葉としてのどっすんすんに関わりがあるのか、とか。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki