FANDOM


コースとは、スーパーマリオメーカーで作られたステージを指す。
どのようなコースを作るかでいいねが貰える数や、コース職人としての質が変わるため、コースにこだわりを持つ事は非常に重要である。

いいねが貰えるコース 編集

Course Mario.png

とにかく"面白い"こと、それだけである。
一口に面白いと言っても、驚き、爽快、リズム、音楽、恐怖、イライラ等、感じ方は人によって様々であり、如何にニーズに応えていくかがどれだけいいねを貰えるかに関わっていく。

コースの種類 編集

コースを種類別に紹介する。
なお、人気度はいいねの貰いやすさ、危険度は投稿した際のデメリットの多さ、難易度は作る難しさのおおよその値である。

スタンダードコース 編集

人気度★★★☆☆/危険度☆☆☆☆☆/難易度★★★☆☆

任天堂の作る公式のスーパーマリオシリーズのようなコース。安定していいねをもらえるが、飽きさせないように作るのは案外に難しい。

再現コース 編集

人気度★★★☆☆/危険度★☆☆☆☆/難易度★★★☆☆

任天堂の作る公式のスーパーマリオシリーズのコースをマリオメーカーでできるだけ再現したコース。と言っても、やはり全てまるまるそっくりには出来ないということから、アレンジコースとも言われる。

全自動・半自動コース 編集

人気度★★☆☆☆/危険度★★☆☆☆/難易度★★★★☆

全く操作せず、または一定の入力をし続ける事で自動的にゴール出来るように作られたコース。
作るのはかなり難しく、単調になることが多い。
さらに遊ぶ側にとっても数回で飽きが回り、いいねがあまり貰えないという欠点も有る為、よほど腕に覚えが有る訳でもないならば、チャレンジはやめるべきだろう。

ギミックコース 編集

人気度★★★★☆/危険度★★☆☆☆/難易度★★★☆☆

ギミックを重視したコース。一つギミックを思いついたらそれを使ってコースが1つ創れるため、省エネかつ簡単に作れる。スタンダードコースと組み合わされる事もある。

あまりに凝ったギミックを作るとバグと疑われる事が有るため、危険度は2とした。 なお、アップデートによる挙動修正が行われるとゴール不可能になる事がよく有る。

タイムアタックコース 編集

人気度★★★☆☆/危険度★☆☆☆☆/難易度★★★☆☆

スピードランとも。アップデートに伴うクリアタイム表示機能の追加で増えたコース。如何に早くゴール出来るかを競わせる。

なお、足跡が異常につく為、いいね率ランキングにはのりにくい。

謎解きコース 編集

人気度★★☆☆☆/危険度★☆☆☆☆/難易度★★★★★

ギミックを破りゴールを目指すコース。一画面謎解きなど様々なものが有る。
謎解きが好きな人間は割と多いので、いいねはある程度期待できる。

鬼畜コース 編集

人気度★☆☆☆☆/危険度★★★☆☆/難易度★★★★☆

作る側にとって楽しいが、遊ぶ側にはつまらないコースの代表。
たまに好きな人もいるので、一定数のいいねがもらえる事も有るが、大抵の場合はいいねは貰えない。
いいねの貰える鬼畜コースは、初見殺し等の相手を不快にさせかねないギミックが少なく、純粋にテクニックを要求される物が多い。クソギミックばかりのコースはいいねを貰える事はまず無いだろう。

なお、コメント欄が荒れる事が多いので危険度は3とした。パクリを疑われる場合が稀に有るため、ギミックには注意が必要となる。

シューティングコース 編集

人気度★★★☆☆/危険度★☆☆☆☆/難易度★★★☆☆

的当てのようにして、ブロックを壊したり敵を倒したりして進むコース。アップデートver1.30で追加されたファイアクッパクラウンを用いる事が多い。他にはノコノコの甲羅を用いるもの等が有る。
単純なものならば作るのも簡単だが、プレイヤーの操作性を考えるとかなり難しい。

爽快系コース 編集

人気度★★☆☆☆/危険度★☆☆☆☆/難易度★★★☆☆

スターを使う等して無双し、まさにストレス発散となるコース。1UPキノコやコインなどのボーナスアイテムを多数設置したものが多い。
全自動・半自動などや、シューティングと結びつけられる事もある。
こちらも単純なものならば作るのも簡単だが、プレイヤーの操作性を考えるとかなり難しい。長いと飽きられてしまう可能性もある。

あまりいいねはもらえないと思われる。

ネタコース 編集

人気度★★☆☆☆/危険度★☆☆☆☆/難易度★★☆☆☆

タイトルやコース内で何らかのネタを表すコース。
ネタを思いついてもそれをコースに落とし込む事は意外と難しい。

また、ネタに気付いてもらえないと言うリスクもある。

ミニゲームコース 編集

人気度★★★☆☆/危険度★★☆☆☆/難易度★★★★☆

オブジェクトを組み合わせミニゲームのようになったコース。
人気度は割と高いが、既出でないミニゲームを作るのは非常に難しい。

また、本来のスーパーマリオシリーズとは違う操作を求められたり、長すぎたりすると、百人マリオチャレンジなどでは敬遠されるかもしれない。

コメント芸コース 編集

人気度★★☆☆☆/危険度☆☆☆☆☆/難易度★★☆☆☆

コース中のコメントでコースに面白みを与えるコース。

コメント誘導によるいいね稼ぎととられる場合が有ったが、現在は問題なく遊べる。

演奏コース 編集

人気度★★★☆☆/危険度★☆☆☆☆/難易度★★★★★

演奏コースは読んで字の如く、演奏を行うコース。音符ブロックとアイテム、敵オブジェクトを組み合わせて音楽を作るが、非常に難しい。うまく作れなければいいねは貰えないので、あまりおすすめは出来ない。

前例はないが、著作権の関係上訴えられてもおかしくはない。

ドット絵コース 編集

人気度★★★☆☆/危険度★☆☆☆☆/難易度★★★★★

演奏コースと同じく、オブジェクトをおいてコースマップが絵になるように作ったコース。
全自動や半自動と組み合わせたりしたコースも多い。
作る難易度はこれまた非常に高い。

なお、演奏コースと同じく著作権の関係上訴えられる可能性が無いとは言えない。

落書きコースタイプ1 編集

人気度★★★★☆/危険度★☆☆☆☆/難易度★★★★☆

分類上、ドット絵コースととられることもある。アイテム、オブジェクトを大量に設置しカラフルに作ったコースで、こちらは圧巻のビジュアルから非常に人気が高い。
処理落ちの危険を考慮し危険度を一応1としたが、処理落ちはまず有り得ない。

落書きコースタイプ2 編集

人気度★☆☆☆☆/危険度☆☆☆☆☆/難易度★☆☆☆☆

真に落書き(子どもが無茶苦茶に作ったような)コースで、コースとして成り立っていない場合が多い。
なお、ゴールまで行ける落書きを作るのが地味に難しいため、難易度は1とした。

クソコース 編集

人気度☆☆☆☆☆/危険度★★★★★/難易度☆☆☆☆☆

存在しても誰も得しないコース。
とにかく敵が降って来るだけとか、アイテムをとり続けるだけとか、5つの土管の中からノーヒントで正解を選び出すとか、初見殺しの連続とか、何の捻りも無いとか、とにかく面白みのかけらも無いコース。

こんなコースを投稿しているならばすぐに削除すべき。

バグ・チートコース 編集

人気度★★★★☆/危険度★★★★★難易度★☆☆☆☆

クソコース以上に存在してはいけないコース。バグを使ったりチートを使ったコース。任天堂が公式に禁止しているが、未だ人気度は高い。

このようなコースを投稿しランキングにのった場合、即BANとなる事が多い。

しかし、現在はコース個別ランキングに載っても、通報されてもBANされない事例が多い。

それどころか超難関コースがすぐ消されると言うあってはいけない事が起きている。

判別 編集

バグ、及びチートは、運営によって明確に禁止されているが、その境界は曖昧である。
ここでは、バグ及びチートのある程度の判別方法について解説する。なお、ここでバグでないとしていてもバグと認定される場合があるので注意が必要である。

以下の場合は確実にバグである。

  • アイテム類の浮遊・おかしな挙動(スターがクッパクラウンから離れてもクッパクラウンと同じ動きをするなど)、色の変化、本来合成出来ないアイテムの合成(クッパクラウンにクッパクラウンをのせるなど)
  • 本来有り得ないマリオの挙動(テレポート、透過、無敵化)

次に、遊ぶ際に起きるバグのようなものについては、コースのセーブを行う事である程度確かめる事が出来る。
具体的には、

  1. コースをセーブする
  2. バグの発生する部分のみを残して他を全て消す
  3. バグの発生する部分のパーツを一つ消し、新たに同じパーツをおく。

この後バグが発生しなかった場合、このバグは既に修正されている。
しかしながらこの後もバグが発生する場合は更に突き詰めて考えなければならない。この際、次の点に注意が必要である。

  • どのようなバグなのか
  • 本来の挙動と何所が違うのか
  • パーツの重複が起きていないか

特に最後の項目は重要で、例えば多重ワープ土管のギミックは、

  1. 土管Aに入り、A'から出る
  2. 土管A'に入るとBから出る

というギミックであるが、これは「土管を最大5つまで重ねる事が出来る」という仕様の応用であり、バグではない。このようにパーツを重ねる事でよくわからないギミックが生まれる事があるので注意が必要である。

上のポイントをチェックした後も、謎の挙動、見え方が起こる場合は残念ながらバグである。

なお、クッパを4匹以上出現させるようなバグは今のところ確認されておらず、そのようなコースはチートを用いている可能性が高い。

コースを人気にするには 編集

最も簡単な手段は実況者に紹介してもらう事だ。ヒカルゲームズK.Baumなどの実況者に紹介してもらえれば、人気がある程度は出る。

その他、Miiverseで宣伝すると言う手が有るが、宣伝も程々にしないと荒らし認定される。
2ch、wikiなどで宣伝するのも良いだろう。

何もアクションをおこさずに人気になろうと言うのはほぼ無理だと言っていい。
まずはコースを遊んでもらう必要が有るのだから、他の人のコースを遊びにいって自分に気付いてもらうと言うのも良い手段だろう。

コースの削除 編集

コースは以下の場合に運営により削除される。ただし必ずしも削除されるとは限らない。

不正なコース 編集

以下のコースは不正とされる。

  • バグを使用したコース
  • チートを使用したコース
  • 他人の模倣を行ったコース
  • いいね要求を行っているコース
  • 公共良俗に反するコース
  • 政治的主張を行うコース
  • 誹謗中傷を含んだコース
  • 個人情報を含んだコース
  • その他、不適切な内容を含んだコース

これらのコースを投稿した場合、多くの場合コースの削除が行われ、いいね!ランキングにのっているコース職人の場合はBANとなることもある[1]

タイトル 編集

コースタイトルはいいねを付ける上で非常に重要であるが、実は使えない単語もある。如何にその一覧を記載する。「イイネ」や「ええね」、「いね」、「いいよ」等も、これらをを使って悪質なユーザーがいいね交換コースを投稿するのを防ぐため規制されている。中には「い×2ね」や「言い値」など、使う人がいるのか......。というようなワードも含まれていて、任天堂のいいね交換へのとてつもない警戒心がうかがえる。いつの間にかコースの交換まで禁止されている。

ただ運営側がこれらの文字列を使用不可にしたのは発売から3ヶ月が立った頃であり、遅い。またそれらに関し全くの発表がなかったことから、コミュニティでは更に大きな混乱を招く結果となった。

使えない単語一覧を表示/非表示

  • いいね
  • グッド
  • そうだね
  • コメント
  • メッセージ
  • YEAH
  • メダル
  • 評価
  • 好評
  • ありがとう
  • 全ステージ
  • 全てのステージ
  • 全コース
  • 全てのコース
  • お気に入り
  • フォロー
  • ナイス
  • 返します
  • 交換
  • 返すよ
  • 先着
  • 名様
  • 名の人
  • 名の方 
  • 記念
  • ボタン
  • Player
  • etc

脚注 編集

  1. 裏を返せば、ランキングに載っていない職人はBANされないことになる。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki