FANDOM


ど連国旗
この記事はど連の地理に関する記事です。どっすんすん全土統一連邦の地域、都市、建造物等について書かれています。どっすんすんの世界を発展させていくため、夢と妄想の詰まった編集をお待ちしております。

どっすんすんキング統治王国及びどっすんすん民主共和国連合連邦は、どっすんすん達が暮らす連邦制国家である。土歴423180年に、第53期世界大戦が終戦したことをきっかけにドロシアンナ・ドスファリエル7世によってどっすんすんキング統治王国どっすんすん民主共和国が併合され、世界政府化した。そのため、名称が惑星全体を指すこともある。一般的にどっすんすん全土統一連邦(略:DUF)と呼ばれ、略してど連とも呼ばれる。

地形 編集

ど連イメージ

ど連の模式図。中心部分の小さな球体がどすいしあD.Dである。

地球よりはるかに大きい天体に等間隔におかれた6点それぞれを中心とし、半径の等しい円を底辺とする円柱状の穴が空いている。球体の中心部分には小さな球が存在し、首都のどすいしあD.Dはそこに位置している。

自治区 編集

また、ど連は137の自治区に分かれてあり、それぞれが独自の発展を遂げている。

どっすんすん全土統一連邦の自治区


歴史 編集

気候 編集

文化 編集

スポーツ 編集

テクノロジー・科学 編集


編集

宗教 編集

外交 編集

地球との行き来にはどずもすコスモス間転送装置を用いる。

政治 編集

治安 編集

編集

法律 編集

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki