FANDOM



アンテナ

どっすんすジュラーメは、地球温暖化を止められるかもしれない機械である。

編集

どすきすき炭素を機械内で作りかえ、どっすんすんの芽に変える。芽はすくすく育ち、きれいなどっすんすん花になる。そしてその花の綿毛をまた機械に入れると、またどすきすき炭素を吸い込み芽ができる。これを繰り返せばある程度の温暖化は防げるだろう。

中二病の芽 編集

きちんと毎日お手入れしていないと機械が誤作動し、窒素も一緒に吸い込んでしまうことがある。するとどっすんすんの芽ではなく、中二病の芽ができます。その花粉を吸い込むと中二病になります。はい。

中二病になると古代神聖文字どっすんすん語が理解出来るようになります。良い事しかありません。はい。

そもそも1 編集

どすきすき炭素が本当に地球温暖化の原因なのかという問題が有る。
二酸化炭素は本当に地球温暖化の原因か?
のように、どすきすき炭素が地球温暖化の原因で無ければ、どっすんすんジュラーメは効果を発揮出来ない。

一部ではどっすんすんそのものが地球温暖化の原因ではないかと言う説もある。つまり、

どっすんすんの呼吸により大量のどすきすき炭素が放出される

というのだ。 まあ、どっすんすんの吐息にどのような成分が入っているかは不明であるが。

そもそも2 編集

地球温暖化を地球温暖化と呼ぶべきなのか。どっすんすんの世界はどっすんすん全土統一連邦であるので、その温暖化はどっすんすん全土統一連邦温暖化、またはど連温暖化と呼ぶべきではないだろうか。
なんにせよ、温暖化が深刻な問題である事に間違いは無い。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki