FANDOM



どっすんすんは、どっすんすん全土統一連邦生きているとされる空想上の生物である。この意味においてどっすんすんは明確に存在であり、信仰対象のいずれとも別のものである。和名として土(ど)[1]とも呼ばれる。

概要 編集

高い知能を持つが手を持たない種族。塔と呼ばれるアンテナのような器官を持つ。名前からスーパーマリオシリーズの敵キャラクターであるドッスンと混同されることが多いが、ドッスンとは完全に無関係な生物である。
過去にはドッスンを使って表現されることが多かったが、今ではスーパーマリオシリーズと関連づけられることは無い。

特徴 編集

基本的に2日程続けて活動し、夜は1日ほど睡眠を取る。感情を持ち、自立的に行動を行う生物。

器官 編集

編集

身体上部についたアンテナのような器官。(どっすんすん語:karun,かるん)と呼ばれる。

編集

アンテナの根元部分に位置する。

文化 編集

どっすんすん全土統一連邦も参照
固有の文化を持ち、人間のような世界を持つ。そこでどっすんすんは独自の発展を遂げた。
公用語はどっすんすん語。準公用語は日本語。 その多くはどっすんすん教を信仰する。

発生 編集

どっすんすんは「誕生地」と呼ばれる特定のエリアに、誕生する。
誕生地のエリアを歩くと、幼体であるどっちゅんちゅんに出会うことが有る。彼らはそこで発生した者である。
発見されたどっちゅんちゅんは保護され、育てられる。

誕生地で死亡したどっすんすんはいつの間にかその死骸が消える。都市伝説に過ぎないが、誕生地の土壌に吸い込まれたとも言われる。
事実として同一の誕生地で生まれたどっすんすん同士の間には、身体的特徴が多く見られる。どすけいるD.Bの誕生地ではこのためか、青塔族と呼ばれる者が生まれる。

土壌に吸い込まれたどっすんすんの身体的特徴が「遺伝[2]」するとも言われる。

種族 編集

多くは塔が一本のみである単塔族であるが、塔が二本ある双塔族も1割程度存在する。
神話に登場するどっすんすん長官が双塔族であったため、双塔族は「裏切りの種族」として、土歴で言う数万年前まで忌み嫌われて来た。
今日ではその偏見は払拭されつつあるものの、未だに嫌う者も居る。

注釈 編集

  1. どっすんすん語において、どっすんすんのことを「±」のような記号で表す為、似ている漢字として選ばれたものである。
  2. 人間的な目線ではこう訳される、ど連ではrasun(らすん、「引き継がれる」の意を持つ動詞)という名で呼ばれる。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki