FANDOM


時を漂ひし神

ど連の歴史に関する記事
この記事はど連の歴史に関する記事です。より良い編集をお待ちしております。

どっすんすん戦国ノ乱は、どっすんすん全土統一連邦最大の戦いである。

東どっすんすん軍と西どっすんすん軍 編集

時は弩須木山時代。首都である度水(現どすいしあD.D)にいる度須度須大王は、とてつもない独裁政治を行っていた。そこで、東どっすんすん地方のリーダー、度津洲璃蒲(どつすりかば)と、西どっすんすん地方のリーダー、度巣板皆曇(どすいたのみなどん)が同盟を結び、度須度須大王を倒した。これを度津板の改新(どついたのかいしん)と呼ぶ。

発端 編集

その後、度須度須大王がいなくなり、大王を決めることになった。そこで争いが起こったのである。

璃蒲と皆曇、どちらが大王になるかで、もめたのである。 そこで起こった戦いが、どっすんすん戦国ノ乱である。

どっすんすん教 編集

戦いの前日、璃蒲はどっすんすん教会に行った。そしてこう言ったのである。 「神聖なるどっすんすん神の力の源、どすいすいXを貸してくだされ。」 どすいすいXは生身の人間が使用すると、魂だけが身体から離脱してしまう。しかし璃蒲は、その持前の凄まじい体力で力を制御し、見事、最強の力を手に入れたのである。
無論、どっすんすん戦国ノ乱は、璃蒲が圧勝した。
ちなみにだが、この璃蒲の子孫は、後のどっすんすん=6世・・・。すなわち、後のどっすんすんキングである。

戦渦 編集

アンテナ
この記事は書きかけです。編集することによってこの記事をもっと良くする事ができます。ぜひ、やってみてください。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki