FANDOM


どっすんすんの呪いとは、MiitendoMiiverseで受けた実在する呪いである。

概要 編集

彼はどっすんすん(造語)について知った後、どっすんすんに関することを語り合う場としてどっすんすん教会を開いた。これによりどっすんすんを広げようとする狙いもあったという。
だが、彼はどっすんすん教会を開いた後、BANされる。過去の多くの行為から、彼は無期限BANとなった。

その後、彼はWiitendoというサブアカウントを使って復活する。そして再び、今度は「架空」などの門限をトピックタイトルに含めることで厳重な警戒をしながら、どっすんすん教会を開く。しかし無情にも彼は再びのBANを喰らう。一発で無期限である。

彼は自身を客観的に見つめ、これはどっすんすんの呪いではないかと言う結論に至った。以後彼はどっすんすんに対する敬いの気持ちを常に大切にしているという。実を言うとBANされていないサブアカウントが1つ存在するのだが、それを使っての活動はほとんどしていない。

対象 編集

どっすんすんの呪いを受ける者には特徴が有るという。現在どっすんすん教会をMiiverseで開いているけ氏はBANされないことからもよく分かる。

Miitendoによれば、どっすんすんの呪いを受けるものは慢性的にいくつかの問題を抱えている可能性がある。

  • Miiverseでの振る舞いの問題
  • リアルでの心情的、精神的な問題
  • どっすんすんへの信心深さの問題

このような問題を抱える者は、どっすんすん教会を開いてはいけない。BANされる可能性が高まる。

どっすんすんを常に敬い、落ち着いて行動することが、どっすんすんの呪いを受けない為に出来ることである。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki