FANDOM



どっすらっしゅは、どっすんすん全土統一連邦の小中学生に人気のカードゲーム。価格は1パック5枚入りで150どすり

ゲームの概要 編集

レアリティ 編集

レア度が低い順から、どすレア→グレイトっすんレア→ゴッドすレアという風にレア度がある。普通はどすレアが入っている。

勝利条件・敗北条件 編集

勝利条件は合計スコアが50に達すること。敗北条件はPCデッキどちらか一方が0枚になった場合。

用語 編集

  • PデッキとCデッキ 2種類の山札。Pデッキから引いたカード(PMカード)は使用後Cデッキへ、Cデッキから引いたカード(CMカード)は使用後Pデッキへ移動。まとめてPCデッキとも。
  • 手札 PMカード。公開しない。
  • パワー(P) 全てのカードに書かれる数値。その用途はカードの状態がPMカードかCMカードかで分かれる。PMカードの場合は集計時のポイントに、CMカードの場合は特殊効果の使用のための必要コストとして使われる。
  • 必要コスト 特殊効果の説明欄に書かれたC:~の数値。特殊効果は、その必要コスト以上のCMカードのパワーを支払って使用できる。
  • 集計 特殊効果を使用しあった後、そのターンの勝敗を決めるため、出したカードの合計ポイントを計算し比べる作業。
  • スコア 集計でポイントの多かった方のプレイヤーはスコア10を得る。50スコアで勝利。

ターンの流れ 編集

  1. PCデッキをそれぞれ20枚ずつ用意し、シャッフル。
  2. PCデッキからそれぞれ4枚を引く。CMカードはCフィールドに並べる。
  3. 先攻後攻を決め、特殊効果を使用。この際使用する効果に対してコストを払う。特殊効果を使用したカードにコストを払ったカードを重ねて、特殊効果フィールドにおく。特殊効果は原則交互に使用する。使用は行わなくても良い。パスも可能。両方とも使用する特殊効果が無くなれば4へ進む。
  4. 特殊効果使用後に残ったPカードを集計用フィールドに出す。自分の出したカードのパワーを合計し比較、多い方にスコア10。カードを出さず手札に残しておき、次のターン使用することも可能。残ったCMカードはそのままCフィールドにおく。
  5. 特殊効果が発動し終わったカード、集計に利用したカードをCデッキに、それに重なっていたコスト札をPデッキに、それぞれデッキボトムに移動。
  6. 2に戻る。 どちらか一方が勝利条件を満たした、または敗退条件を満たした時点で終了。

商品&ラインナップ 編集

商品 編集

1パック150どすり、1BOXで20パック3000どすりで、好評発売中!

ラインナップ 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki