FANDOM


どっすんすん科学.png

ど連の科学に関する記事

この記事はどっすんすん全土統一連邦の科学や数学に関して記載されています。架空の天体、宇宙に関する科学ですので、どなたでも、ご自由に編集していただけます。

どっすばんは、どっすんすん全土統一連邦の存在するどずもすを作りだした由縁である歴史的行為である。

概要 編集

無の世界を漂っていたどっすんすん神は、その存在が形を帯びると同時に、全てを作り出す数個の「公理」を思いついた。そしてどっすんすん神はその「公理」のもと、31079個に上る「定義」を与え、その結果どずもすが生み出される。

0に何を掛けても1にはならないが、どっすんすん神は無を有に変えた。これには膨大などという言葉では到底語れない程のエネルギーが必要になり、どっすんすん神だからこそ出来た芸当であった。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki