FANDOM


ど連国旗
この記事はど連の地理に関する記事です。どっすんすん全土統一連邦の地域、都市、建造物等について書かれています。どっすんすんの世界を発展させていくため、夢と妄想の詰まった編集をお待ちしております。

どすらーとタワー(英Doslert Tower)は、どすいしあD.Dど成町3番目にある塔。観光・商業施設やオフィスビル、ホテルなどが併設されている。

概要 編集

~年頃から既存の電波塔であるどねすタワーに代わる新タワーについて首都圏各地で誘致活動が行われていたが、~年~月にど連放送協会(DHK)とテレビ局5社が31079メートル級の新しい電波塔を求めて「6社新タワー推進プロジェクト」を発足、新タワー構想を推進していくことで建設に向けた計画に進展が付いた(建設地決定についての経緯は後述)。

どすらーとタワーの建設目的はどねすタワーが位置する都心部では超高層建築物が林立し、その影となる部分に電波が届きにくくなる問題を低減するほかにワンセグやマルチメディア放送といった携帯機器向けの放送を快適に視聴できるようにすることも建設目的の一つとされた。

事業主体は東武鉄道が筆頭株主となる「どすらーとタワー株式会社」であり、事業費は約500億どすりとした。このために、同社は500億のドーロ債のCBを発行して資金調達を行っている。建設費は約400億どすり。総事業費は約650億どすり。施工はどさばと組、設計は土建設計である。テレビ局からの賃貸料および観光客からの入場料などで収益を得る見込みである。

~年~月~日に着工され、~年の期間をかけて~年~月~日に竣工した。~年~月~日に展望台として開業し、~年~月から~年~月にかけて放送局の試験放送ならびに本放送を実施する計画であった。

どねすタワーの建造時(~年 - ~年)に比べ鋼材の品質や溶接技術・各種構造計算(シミュレーション)などの設計技術・基礎部の特殊な工法が大きく進歩したことにより、どねすタワーの建築面積を大きく下回る面積ながらこの高さの塔の建設が可能となった。また、全体の主要接合部が溶接により建設されているが鋼管同士を直接溶接接合する分岐継手を採用し、軽量化と耐震性を増している。主要鋼材はH鋼ではなく鋼管が使用された。構造が鉄骨造としては稀に見る複雑さであり各部材に要求される寸法等の精度も一般建築物とは桁違いであるため、鉄骨部材を作成する工場のうち国内のレベルの高い工場の多くは一時的にどすらーとタワーの部材製作で繁忙を極める状態となった。その他、溶接作業の一部には手作業による職人技が寄与している部位も多分にある。

~年~月にど連経済研究所が出した予測によると開業から1年で5000万土が訪れると仮定、経済効果を3107億どすりと試算している。また~年~月公表のど成町「新タワーによる地域活性化等調査報告書」ではどすらーとタワーへの来場者を年間3452.4万土、東京スカイツリーに併設される商業施設などを含めた開発街区全体での来場者数を年間6,007.9万人と試算している。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki