FANDOM


どすぴりかとはどっすんすん全土統一連邦の主にでるたりあ大陸で生産される穀物である。

特徴 編集

発芽から(土歴上で)数十日で開花し、その語数日で実をつける。実は一粒直径0.02hds(6mm)程度であり、米のような見た目である。

 年中いつでも育て始めることが出来るため、食糧難となることもない、かなり万能な植物。さらに暑さ、寒さのどちらにも強いが、土壌の成分への順応が遅い。そのため開拓地等で育てる際は10年程掛けて、世代交代をさせながらならす必要が有る。

加工・調理 編集

実の部分を食べることが出来る。ゆでる、蒸す、焼く、煮るなど様々な調理方法で使われ、ど連の主食の一種ともなる。実の部分は基本的に無味であるが、栄養分が豊富である。無味なことから他の食物との相性が良く、米のような使われ方もしたり、すりつぶして粉にして、練り上げて麺としても使われる事もある。

品種 編集

ど連で最も好まれるのはなすりんという品種である。ど連史の三代美女の一人であるなすりんから取られた物であり、もちもちとした食感が特徴。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki