FANDOM


どっすんすん科学

ど連の科学に関する記事

この記事はどっすんすん全土統一連邦の科学や数学に関して記載されています。架空の天体、宇宙に関する科学ですので、どなたでも、ご自由に編集していただけます。
どっすんすん全土統一連邦においてどすきすき炭素(どすいける化学式:Db)は、どっすんすんに有毒とされる気体である。実際にはどっすんすんの体内から排出されるものであるが、実験の際に体内から排出されたウイルスをどすきすき炭素と混同したこときっかけとなり、有毒であるという誤った学説が浸透した。

性質 編集

無色無臭の気体で、-315℃で液体、-635℃で固体になる。ど連での絶対零度は-3107.9℃なので、地球と混同しないよう注意してほしい。

可燃性で、火を付けると大爆発を起こす。そのため、調整しながら火力発電に使われている。

ど連温暖化 編集

どすきすき炭素はどっすんすんの生命活動によって一定量体外に排出される。そのどすきすき炭素が植物に影響を及ぼし、植物を枯らすことでど連を温暖化させているのではないか、という学説。つまり温暖化を行っていたり、どすきすき炭素を多く出しているのはどっすんすんそのものと言えるのである。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki