FANDOM



ど連国旗
この記事はど連の地理に関する記事です。どっすんすん全土統一連邦の地域、都市、建造物等について書かれています。どっすんすんの世界を発展させていくため、夢と妄想の詰まった編集をお待ちしております。

どすきじゃD.J(正式名称:どすきじゃどっすんすんじゃーにぃー)は、どっすんすん全土統一連邦の自治区の一つである。

気候 編集

ここには、工場から出る有害物質が原因で一年を通して赤い雨が降る。
その赤い雨も有害で、一日100滴(=100ml)当たることで10秒寿命が縮む。「寿命縮小作用」という地球には無い作用のため、興味を持った理研の研究チームが成分などを分析中。また、飲むと「死ぬ」と言われているが、飲んだ人がまずいないので、信憑性に乏しい。地球で兵器利用されないかが懸念される。

地球から来た人間のどっすんすん教徒のほとんどはここに来ることを拒み、行く人は必ず絶対に濡れることのない特殊なレインコートを着ていく。何故なら人間はどっすんすんとは比べ物にならないくらい寿命が短いのだから。

どっすんすん全土統一連邦の自治区

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki