FANDOM


どっすんすん科学

ど連の科学に関する記事

この記事はどっすんすん全土統一連邦の科学や数学に関して記載されています。架空の天体、宇宙に関する科学ですので、どなたでも、ご自由に編集していただけます。

どすいすい空間におけるどっすんすんの極限値定理とは、どっすんすん学校の授業内容の一つである。

概要 編集

どすいすい空間とは、いわばスーパーマリオメーカーなどのゲーム内の世界のことであり、その中でもどっすんすん教信者の扱うWiiUはどすいすい濃度が高く、どっすんすんはその場所を好む。

極限値とは、マリオメーカーにおけるどっすんすんの大きさの極限の値ことであり、最大で8×8までは大きくできるが、安定して運用ができるのは4×4サイズである。それ以上大きくすると、どっすんすんがその大きさを好まない為大きくした成分を体外へ吐き出してしまう。

この極限値を使った計算などをしていくのがどっすんすん数学である。

数学普遍性 編集

数学の特徴として、その普遍性が挙げられる。これは、どんな世界で数学をしようとも、適切に公理、公準、推論規則を定義した上で始めれば、全く同じ数学が構築できることによる。

それでは何故どっすんすん全土統一連邦で発見されたこの空間が、地球で発見されていないのか。

クラゲの例を見よう。クラゲは海を漂っている訳だが、彼らに「量」という概念はあるだろうか。彼らはその生涯を(大半のクラゲは)全て水中で過ごす。水中には他の生物や海の流れはあっても、「量」と呼べる物はない。すると彼らは数学の大切な概念の一つである「量」を構築できるだろうか。それは不可能であろう。何故なら「量」と呼べる存在を彼らは知らないのだから。

ここでクラゲを人間に、量を別の概念に変換すると同じことが言える。人間には感じ取れない概念であるが故に、人間はそれを導くことが出来ないのだ。この空間が今まで発見されていないのもそれが原因と思われる。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki