FANDOM


ネタ
実に数学的なネタ記事
こちらはネタ記事となっております。無論ユーモアは心得ておりますので、面白い事をどっすんすん神様が保証致します。面白くないなどと言う事は有り得ませんが、あなた様のお力でさらに面白くして頂きとうございます。

どすいすい積分関数とは、以下の積分で定義される関数である。

Wii(U)=\int_DTV f\, dx_i = \int_a^U f(M{i}(i)) \frac{NN_I(D)}{{dt}^{U}}dt

これはどすいすい空間におけるどっすんすんの極限値定理に応用が深く、

  • \lim_{x \to 0}Wii(U)=8

と表される。

同様の関数にn*D(S)関数がある。この関数はn=3の場合にのみ特殊な振る舞いを示す。

  • 3D(S)=\int_DAnywhere f\, dx_i = \int_S^b f(M{i}(i)) \frac{NN_I(D)}{{dt}^{S}}dt

Wii(U)3D(S)の間には、M{i}(i)及びNN_I(D)という共通項が存在し、両関数の重要な関係を作る。
n=2の場合は2D(S)なるまた少し違った振る舞いを示す関数となる。

近年新たな関数、N(X)関数に関する研究も盛んとなっている。
N(X)関数は今だ性質のほとんどが明らかになっておらず、そのSPEC値がWii(U)関数に比べて高いことや、近年話題となっている手法がことごとく失敗していることから、しかるべく研究機関による発表を待つ他この関数について知ることは難しいのが実情である。

なお一部では3D(S)関数とWii(U)を足して2を掛けたような性質を持つとも噂されるが、真相は定かではない。

意味わかんない?ネタ記事だからいーじゃん((ban(desu.)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki